【片頭痛.com】〜原因について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
henzutuu21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは偏頭痛(片頭痛)について、偏頭痛の原因を詳しく説明しています。

偏頭痛の原因は諸説ありますが、現段階では完全に解明されているわけではありません。以前は血管の拡張に伴って頭痛が起こると考える血管説が有力でしたが、現在では脳血管の周囲に分布する三叉神経が刺激されることで頭痛が起こると考える三叉神経血管説が有力視されています。

血管説は、血管の収縮と拡張によって頭痛が起こるとされます。何かしらの原因により、血小板からのセロトニンという血管を収縮させる作用を持つ物質が大量放出されると、一旦脳の血管が収縮します。これが頭痛の前兆期にあたり、血管が収縮し脳血流が下がることで前兆症状が現れると考えられます。その後セロトニンが分解されるにつれ血管が次第に拡張していき、その反動で本症状である頭痛が出始めるというものです。しかし、前兆期の脳血流が低下している段階でも頭痛が起こっていることが分かってきたことで、次の三叉神経血管説が有力とされるようになりました。

三叉神経血管説は、何らかの原因によって三叉神経が刺激を受けることで、三叉神経の末端から血管を拡張させる作用を持つ神経伝達物質であるニューロペプチドが分泌されます。これが遊離することで、血管が拡張し、あるいはそれによって発生した炎症が神経を刺激して痛みが起こるというものです。


⇒ 偏頭痛(片頭痛)とは

⇒ 症状について

⇒ 予兆と前兆


sponsored link



copyright©2014  【片頭痛.com】〜偏頭痛の原因や症状や治し方〜  All Rights Reserved