【片頭痛.com】〜治し方について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
henzutuu21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは偏頭痛(片頭痛)の対処法について、治し方を詳しく説明しています。

偏頭痛に悩まされている方の多くが市販の頭痛薬や病院で処方される薬を多用しています。しかし中には薬を飲むのに抵抗がある方や、薬を飲みすぎると効き目が弱くなり薬は最終手段で取っておきたいという方も大勢居ると思います。そういう方の為に、薬を使わない偏頭痛対処法をご紹介します。

寝る
頭痛が起きている時に体を動かすと痛みがさらに強くなる傾向にあります。症状がある間は出来るだけ休息を取り、出来れば睡眠を取るのが好ましいです。睡眠を取ることで拡張した血管を元に戻せると考えられています。

明るい場所や騒がしい場所を避ける
光や音の刺激によって頭痛の症状がさらに進みます。痛みがある間は明るい場所や騒がしい場所を避けるようにし、落ち着ける静かな場所に居るようにしましょう。

頭や首の後ろを冷やすor温める
自分の頭痛のタイプにもよるのですが、血管が拡張して起こっているのであればアイスノンや濡れタオルで冷やすことで、血管を収縮して頭痛を和らげることが出来ます。逆に緊張型頭痛の場合では血管が収縮しているので、温めたタオルや使い捨てカイロなどで温めることで血流を良くして頭痛を和らげることが出来ます。どちらのタイプか分からない場合は、一度試してみて自分に合った方法を見つけましょう。

コーヒーを飲む
コーヒーに含まれるカフェインには鎮痛作用や血管収縮作用があります。コーヒー以外にも紅茶や緑茶、煎茶やウーロン茶なども同じように効果があるでしょう。

食べ物に注意する
特定の食べ物には頭痛を誘発するものがあります。ワインやビール、チーズ、アイスクリーム、チョコレート、レバー、キムチなどが挙げられます。ポリフェノールやチラミンという成分は血管を拡張もしくは収縮する作用があり、知らずに食べ過ぎると頭痛を誘発することもあります。飲み過ぎ食べ過ぎには注意しましょう。


⇒ 薬による治療

⇒ 効果的なツボ


sponsored link



copyright©2014  【片頭痛.com】〜偏頭痛の原因や症状や治し方〜  All Rights Reserved