【片頭痛.com】〜症状について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
henzutuu21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは偏頭痛(片頭痛)について、偏頭痛の症状を詳しく説明しています。

偏頭痛の症状は、およそ一貫してズキズキと脈打つような拍動性と言う痛みが生じるのが特徴です。ときに持続的にジーンジーンと痛みが持続することもあります。片側にのみ頭痛の症状現れることから「片頭痛」と呼ばれるようになりましたが、実際に片側に起こるのは6割程度で、両側ともに頭痛の症状が現れることも4割程度見られます。
痛みは発作的に現れることが多く、月に1回程度の頻度から多い人は週に2〜3回以上も生じることもあります。痛みは比較的強いのが特徴で、数時間から長い時は数日間続くこともあります。発作が治まると次の発作までは全く症状が見られませんが、また発作が始まると同じ症状に見舞われます。

頭痛以外にも吐き気や嘔吐、便秘か下痢のどちらかを伴うことが多く、また普段はなんともない光や音に対して過敏に反応するようになる、といった随伴症状が見られることもあります。偏頭痛の痛みは一般に休息や睡眠を取ることで治まります。
一旦症状が出始めると、何も手を付けられなくなって寝込んでしまう、仕事も勉強も一切手に付かないなど、ほとんどの方が日常生活に支障をきたしてしまいます。


⇒ 偏頭痛(片頭痛)とは

⇒ 原因について

⇒ 予兆と前兆


sponsored link



copyright©2014  【片頭痛.com】〜偏頭痛の原因や症状や治し方〜  All Rights Reserved