【片頭痛.com】〜予兆と前兆〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
henzutuu21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは偏頭痛(片頭痛)について、偏頭痛の予兆と前兆を詳しく説明しています。

偏頭痛の症状が現れる前に、予兆や前兆を経験することがあります。偏頭痛の少なくとも3人に1人は予兆や前兆を感じていると言われています。

最も多い前兆症状としては、閃輝暗点(せんきあんてん)と呼ばれる視界にギラギラした光が映り込む症状が挙げられます。他にも目がかすんだり視界が欠けるなどの視覚障害や、手足が痺れたり喋りにくくなるなどの感覚障害などが見られることがあります。前兆は40〜60分程度続き、前兆症状が収まった後60分以内に本症状の頭痛が始まるというのが特徴です。前兆を経験した方が次の発作時に同じ前兆を経験するということはありますが、常に同じ症状があるというわけではなく一貫しているわけではありません。

前兆が無い場合でも、頭痛が起こる前に予兆を感じることがあります。精神的に落ち込んだり、体がだるく感じたり、イライラして怒りっぽくなったり、気分が悪くなったり、体がむくんだり、眠くなったり、食欲がいつもより多くなる(特に甘いもの)などの症状が挙げられます。特に本人が「なんとなく頭痛が来そうだ」と自覚していることがほとんどで、不思議とその後本当に発作が始まることが多いです。


⇒ 偏頭痛(片頭痛)とは

⇒ 原因について

⇒ 症状について


sponsored link



copyright©2014  【片頭痛.com】〜偏頭痛の原因や症状や治し方〜  All Rights Reserved